About Emiliano

“Il canto è l’anima della musica .”

エミリアーノ・ブラーズィのコンサート情報を受け取る ↓
※下記にメールアドレス入力して「コンサート情報を受け取る」をクリックしてください。

Emiliano Blasi ‐baritono‐

イタリアイタリア ローマ近郊フロズィノーネ出身。18 歳でイタリアTV 局カナーレ5オーケストラの歌手としてデビュー、イタリア映画音楽界の巨匠ロベルト・プレガディオ指揮のもと4 年間イタリア全国ツアーに参加。オペラ「フィガロの結婚」にフィガロ役で出演、オペラ歌手としてのキャリアをスタート。オルヴィエート大聖堂にて聖体祭(la festa del Corpus Domini)にソリストとして2年間参加するなど、イタリア、オーストリア、ドイツ、オランダ、各地でオペラ・コンサートに出演。オペラ界の巨匠グスタフ・クーン指揮のもとモーツアルト「クレドミサ」でソリストを務めるなど、数々のオペラ・コンサートに出演、同氏のアカデミアに所属し、ヨーロッパで主要なオペラフェスティバルの一つである「チロル音楽祭」に6 年間出演しソリストを務めた。2010 年 プッチーニ・フェスティバル財団開催「ジャンニ・スキッキ」の主役に抜擢。プッチーニ音楽祭ホール 祝賀コンサートにA.ヴェロネージ指揮のもとソリストとして出演。第10 回カザマーリ・オペラ・フェスティバルでは、開幕オペラガラコンサートにて名ソプラノ フランチェスカ・パタネと共演を果たし大好評を博す。これまでにミレッラ・パルット( ソプラノ)、アントーニオ・ボワイエ( バリトン)、パオロ・ワシントン(バス)、ニコーラ・マルティヌッチ(テノール)、など数々の偉大なオペラ歌手に師事。主な主演作品に「靴直しと徴税人」「偽の女庭師」「トリスタンとイゾルデ」「リゴレット」「椿姫」などがある。2012 年にはマンゾーニ劇場 にてラツィオ州後援・協力によるソロリサイタルを開催、多くの聴衆を魅了したその歌声は、マスコミ各紙から高く評価された。2013年 東京で初のソロリサイタル「バッロクコンサート」を開催、日本各地で様々なイベント、コンサートに出演。現在イタリアを代表するバリトン クラウディオ・デズデーリのもとレパートリーの準備を行っている。2017年9月に早稲田スコットホールにてベルカントをテーマとしたリサイタルを成功させ、2017年 10月イタリア ミラノで開催されたオペラ「トスカ」に出演。また、国内最大のファッションイベントである「東京コレクション」にオペラ歌手として出演。ファッションデザイナー ZIN KATO氏のショーでバロックアリアを披露し各界から絶賛を博した。2018年3月イタリア文化会館 東京 アニェッリホールにてソロリサイタル開催。

Emiliano-about-me-2