エミリアーノ・ブラーズィのコンサート情報を受け取る ↓↓↓
※下記にメールアドレス入力して「コンサート情報を受け取る」をクリックしてください。

エミリアーノ・ブラーズィ “Opera recital”

バリトン リサイタル in Tokyo 2018

(ロッシーニ&モーツァルト)


ベルカントとオペラブッファ(喜歌劇)をテーマに
イタリアオペラの魅力をたっぷりとお贈りします。

イタリアの名曲(カンツォーネ)も演奏予定です。

※※※日本語解説(プログラム配布)や、演奏中 日本語字幕あり。

<出演者>

バリトン エミリアーノ・ブラーズィ
ピアノ 星 和代

<予定プログラム>

W.A.モーツァルト: ドン・ジョヴァンニ、フィガロの結婚

G.ロッシーニ: セビリアの理髪師、シンデレラ、アルジェのイタリア女

内容に変更がある場合がございます。

<日時>2018318日(日) 14:30開場/15:00開演

途中入場も可能です。※休憩あり。

<会場>イタリア文化会館 アニェッリホール

東京都千代田区九段南2-1-30 イタリア文化会館ビルB2


<後援>

在日イタリア大使館

イタリア文化会館 東京

イタリア政府観光局

在日イタリア商工会議所

<主催>

株式会社FIDES

<前売りチケット>
一般:5,000円/学生:3,500

<当日券> 5,500

お申込み・チケット取扱い★

<メール又は電話申込み>

FIDES(フィデス) TEL : 03-4531-9511 / Email : info@fides-japan.com

チケット代支払い方法: 銀行振込 /  オンライン決済(クレジットカード)

<プレイガイド> 販売中。

チケットペイ: https://ticketpay.jp/booking/?event_id=12000

WEBから申込み全国のファミリーマートにてお支払い、発券いただけます。

チケット代支払い方法:ファミリーマート又はクレジットカード

<出演者の紹介>

バリトン エミリアーノ・ブラーズィ
イタリア ローマ近郊フロズィノーネ出身。18 歳でイタリアTV 局カナーレ5オーケストラの歌手としてデビュー、イタリア映画音楽界の巨匠ロベルト・プレガディオ指揮のもと4 年間イタリア全国ツアーに参加。オペラ「フィガロの結婚」タイトルロールでオペラ歌手としてのキャリアをスタート。オルヴィエート大聖堂にて聖体祭(la festa del Corpus Domini)にソリストとして2年間参加するなど、イタリア、オーストリア、ドイツ、オランダ、各地でオペラ・コンサートに出演。オペラ界の巨匠グスタフ・クーン指揮のもとモーツアルト「クレドミサ」でソリストを務めるなど、数々のオペラ・コンサートに出演、同氏のアカデミアに所属し、ヨーロッパで主要なオペラフェスティバルの一つである「チロル音楽祭」に6 年間出演しソリストを務めた。2010 年 プッチーニ・フェスティバル財団開催「ジャンニ・スキッキ」の主役に抜擢。プッチーニ音楽祭ホール 祝賀コンサートにA.ヴェロネージ指揮のもとソリストとして出演。第10 回カザマーリ・オペラ・フェスティバルでは、開幕オペラガラコンサートにて名ソプラノ フランチェスカ・パタネと共演を果たし大好評を博す。これまでにミレッラ・パルット( ソプラノ)、アントーニオ・ボワイエ( バリトン)、パオロ・ワシントン(バス)、ニコーラ・マルティヌッチ(テノール)、など数々の偉大なオペラ歌手に師事。主な主演作品に「靴直しと徴税人」「偽の女庭師」「トリスタンとイゾルデ」「リゴレット」「椿姫」などがある。2012 年にはマンゾーニ劇場 にてラツィオ州後援・協力によるソロリサイタルを開催、多くの聴衆を魅了したその歌声は、マスコミ各紙から高く評価された。2013年 東京で初のソロリサイタル「バッロクコンサート」を開催、日本各地で様々なイベント、コンサートに出演。現在はイタリアを代表するバリトン クラウディオ・デズデーリのもとレパートリーの準備を行っている。20179月に早稲田スコットホールにてベルカントをテーマとしたリサイタルを成功させ、10月イタリア ミラノで開催されたオペラ「トスカ」に出演。また、国内最大のファッションイベントである「東京コレクション」にオペラ歌手として出演。ファッションデザイナー ZIN KATO氏のショーでバロックアリアを披露し各界から絶賛を博した。

ピアノ 和代  Kazuyo Hoshi

昭和音楽大学ピアノ科卒業。同専攻科修了。卒業時に優等賞受賞。同大学に伴奏研究員として勤務した後、下八川圭祐基金を受け渡伊。A.ゼッダ氏によるロッシーニアカデミーに参加し、ディプロマを取得。イタリア国立A.ボーイト音楽大学オペラ伴奏科に満点で入学。進級試験及び卒業試験で満点を得て、修了試験では満場一致で最高点と賛辞を受け、首席で修了。在学時より同音楽院で伴奏ピアニストとして勤務。ターラント及びウ゛ィチェンツァの劇場でピアニストを務める。帰国後、オペラの稽古ピアニスト、声楽コンクールやコンサートのピアニストとして活動している。第67回静岡オペラ国際コンクール公式伴奏者。日本オペラ振興会オペラ歌手育成部選科ピアノ講師。新国立劇場研修所ピアニスト。


ミリアーノ・ブラーズィ  2017年9月3日(日)

イタリア オペラ コンサート「ベルカントの世界」
日時:9月3日(日) 開場 14:30 開演 15:00
出演:エミリアーノ・ブラーズィ(バリトン)
中ノ森めぐみ(ピアノ)、ゲスト 登川 直穂子(ソプラノ)
<内容>
ロッシーニ「チェネレントラ」からドン・マニフィコのアリア。
モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」からドン・ジョヴァンニのアリア。
ドニゼッティ「ドン・パスクワーレ」からドン・パスクワーレのアリア。
ヴィヴァルディ、ヘンデルの代表的なバロック作品。その他。(予定)
前売りチケット:4,500円 ※一般学生/FIDES会員:4,000円 /(当日 5,000円)
会場:スコットホール(東京都新宿区西早稲田2−3−1) 地下鉄早稲田駅 徒歩5分